スポンサードリンク

2007年08月31日

ダイソンdc12は他の掃除機と違う!

ダイソンdc12

他と違うところは、

ずばり!!

紙パックやフィルターに頼らないところ。


ダイソンdc12は、

空気とともにホコリが吸い込まれると、ダイソンの特許技術ルートサイ

クロンテクノロジーで高速回転し、ホコリが遠心力により空気から弾き

飛ばされてクリアビンと呼ばれるゴミ溜めに集められます。


ダイソンdc12は、

目詰まりの原因となる紙パックやフィルターいらずのテクノロジーなので半永久的に維持費用はかかりません。


ダイソンdc12は、

フィルターなどがないので詰まるところがないし、遠心力を利用した技術なので空気の流れが妨げられることがなく、目詰まりもなく掃除機の
吸引力が低下しないのです。


ダイソンdc12なら、

家中掃除しても、優れた性能を発揮し続けます。

また、非常にコンパクトですので少しの隙間で収納可能です。

選ぶのに迷っている方はぜひおすすめです。
posted by akke at 16:40| ダイソンdc12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイソンdc12は、どんな掃除機?

スイッチを入れると掃除機は空気とともにお部屋のホコリを吸い込みます。


その空気からホコリを分離する方法がダイソンdc12は違うのです。

掃除機の種類には大きく分けて2種類あります。

紙パック式と言われるものとサイクロン式と呼ばれるものです。

これらは、紙パックやフィルターに頼ってホコリをとる方法です。


どちらの掃除機も使い始めて数分で紙パックやフィルターの目にホコリ

が詰まります。

その結果、吸引力が低下してしまうのが問題です。


ダイソンdc12は、

これらの掃除機と違います。


ダイソンdc12は、

ルートサイクロンという高速回転で遠心力を利用しているのです。


ダイソンdc12

違いについて、次に詳細をまとめました。

他との違いなどをじゅうぶんご理解してください。
posted by akke at 16:38| ダイソンdc12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイソンplusとは…

ダイソンplusは、最新のテクノロジー+衛生面の強

化されたダイソン掃除機のことをいいます。


ダイソンdc12は、

窓を閉め切った状態で掃除ができる、唯一の掃除機で

他と違い、微粒子のホコリなどもダイソンdc12内のクリアビンに留めておくことができます。
さらに、クリアビンは透明で吸い取ったゴミを常に確認することができます。


ダイソンdc12の、

排出する空気は日常の部屋の空気の450倍もバクテリアなどが少ないのです。
普通の掃除機は、窓を開けて換気をしながらではないと空気が非常に悪いですが、これは、通常の部屋の空気よりも使用中の方が、部屋の空気が全然きれいになるということなのです。


また、ダイソンの掃除機はルートサイクロン搭載で吸引力は低下しません。

さらに、スポンジフィルターは繰り返し使用OKでゴミ捨ても簡単です。
ラベル:ダイソン
posted by akke at 16:33| ダイソンdc12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイソンdc12の開発

ダイソン英国本社の研究・デザインセンターには約

450人ものエンジニアや研究者が働いています。


そこで、日常の問題を解決する新技術開発などを常に行っています。

また、ダイソンは、ダニやバクテリアなどの家庭で

発生する微生物についての研究にも力入れて研究しています。


ダイソンは、

これだけではなく画期的なテクノロジーの開発も怠りません。
posted by akke at 16:27| ダイソンdc12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欲しい商品を探すならこちらからどうぞ。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。